◆成立ち  三景園案内図はこちら
 三景園は、広島空港開港を記念して1993年に造られた面積約6ヘクタールの築山池泉回遊式庭園です。

 広島県は中国山地の南面に位置し、起伏にとんだ豊かな森林を背景に、数多くの渓谷を有しており、その谷間には懐かしさを覚える里山が点在し、さらに海岸部には、宮島に代表される瀬戸内海の景勝地が数多くあります。

 これらの風景を日本庭園の手法を用いて庭園化したのがこの三景園です。
◆名称の由来
 この庭園は、三つのゾーンから出来ています。

 一つは、自然林を生かした山のゾーンで、高低差約14mの「三段の滝」があります。
 次いで、里のゾーンには、竹林、梅林、ため池(里の池)、もみじ谷を配し、里山をイメージしました。
 もう一つは、瀬戸内海を表した海のゾーンで、大海に中島群と橋、そして、宮島を連想させる数寄屋風水上建築の「潮見亭」等があります。

 これらのことから、広島の山・里・海の三つの風景にちなんで『三景園』と名付けられました。
中央森林公園TOP